浮気問題が決着するまで経験豊富な相談カウンセラーがとことん、ご相談に無料で対応致します。
  • 当探偵事務所では、初めて探偵(興信所)に浮気調査の相談に行く前に事前に知っておくと良いと思われる情報をまとめました。
    失敗しない探偵(興信所)選びの参考になれば幸いです。

    目次

    クリックで浮気調査料金の詳細が閲覧できます

    • 浮気調査費用のイメージ

      浮気調査に関しては大きく分けて「時間単価での料金計算」による通常調査と、「成果に対しての報酬が発生」する成功報酬制があります。
      通常調査の場合、時間単価(料金)は稼動した調査員の人数や時間帯などによって変動する事が多く、その時間単価に稼動した時間を掛けて調査料金が決まります。
      探偵社によっては、時間単価ではなく〈1稼動○○円〉としているところもありますので、その場合は、1稼動の最大稼働時間や調査員の人数を確認しましょう。
      成功報酬制の場合、稼動した時間に関係なく〈成果〉に対して報酬が決まるので、「浮気の証拠1回につき○○円」と契約段階で取り決める事になります。
      その他、どちらの調査に於いても経費が発生しますので、「調査料金」に「経費」を足した金額が最終的な浮気調査の費用になります。
      当社は基本調査料金の安さだけではなく、経費も必要最低限に抑える事を考えており、お客様のご相談内容に合わせて、最低限の調査費用で最大限の成果を得られるようなプランを組み立ててご提案する事を信条としております。
      ご相談・お見積もりの料金は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

      費用についてもっと知りたい!!

        • 浮気調査費用を使うイメージ

          浮気調査において使う費用はどれぐらいに設定するのがいいのかについては、お客様の浮気調査を依頼する目的によります。例えば、夫婦関係を修復したくて配偶者と浮気相手を別れさせたい場合や親権を取るという目的なら、そこには金額以上の価値があり、それに見合った設定金額は金額の大小だけでは判断ができません。目的が慰謝料請求なら、慰謝料のおおよその相場である300万円前後から手元に残したい金額を引いた金額が目安になります。
          ただし、浮気相手に慰謝料を請求する場合、弁護士費用も使う可能性があります。
          その場合、浮気調査費用だけでなく、弁護士費用を計算に入れておかなければいけません。弁護士費用はだいたい着手金が30~40万円前後、浮気相手から支払われる慰謝料の15%前後が成功報酬としてかかる事が多く、仮に浮気相手からの慰謝料の金額が300万円であれば、着手金30万円+成功報酬45万円を引いた金額がお客様の手元に入ることになります。
          当社は調査プランをご提案させて頂く際には調査後に浮気相手に請求できる金額の目安や、弁護士費用などお客様が調査をすることで得られる費用対効果についても説明させて頂き、最終的に浮気調査を実行することによる今後の収支を予想できるようにご説明致しますので、お気軽にご相談下さい。

        • 浮気現場のイメージ

          調査日を絞り込める場合と比べるとどうしても費用は高くなってしまいます。
          ただ、いつ浮気をするかわからない対象者の場合でも、やみくもに浮気調査していくよりも効率的な調査プランを組み立てる事で費用を抑える事は可能です。
          例えば、通常の調査よりも低額な車両行動調査(GPS調査)を交えて進めていく方法や、ご依頼者様が架空の用事を作って家を空ける事で浮気相手と密会しやすい日を作ってその日に浮気調査するなど、浮気する日がわからない場合にも調査料金を抑える様々なプランをご提案出来る事が当社の強みでもあります。
          また、本調査に入る前に、調査対象者の動きを分析する為のデータ収集による格安事前調査を行い、効率的なプランを組み立てる事も可能です。
          他にも、調査時間が長くなる事が想定されるケースであれば、調査時間をまとめてご契約いただく事で、1時間あたりの時間単価を下げる〈パック料金プラン〉もご用意しておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

        • 当日であれば、既にスタッフのスケジュールを押さえ、現地に配置させているか、もしくは当日の浮気調査に合わせて準備や待機をしている状態です。
          その為、当日に急遽中止になった場合には、スケジュールを押さえていた調査員の待機料金をキャンセル料金としてご請求させていただく必要が御座います。
          また、既に調査員が現地入りしていた場合や、現地に向かって移動を開始していた場合は、そこまでの交通費も別途ご請求させていただく場合もあります。
          当日にスタッフのスケジュールを押さえておくという事は、他のお客様が同日に浮気調査を希望されたとしてもお断りしている可能性もありますので、キャンセル料金が発生してしまう旨は、ご理解下さいますようお願い申し上げます。
          また、キャンセルではなく、調査日を変更する場合であったり、キャンセルの事情をお聞きした結果によっては、可能な限りキャンセル料金を無くしたり減額できる様に務めさせていただきたいと思います。

      0120-632-326

      0120-106-040

      あすなろ総合探偵では、

      • 0120-632-326
      • 女性専門ダイヤル
      • メールで相談のお問い合わせ
      • LINEで無料相談

      など、お客様の状況に合わせたお問い合わせ窓口を設置しております。
      お気軽にご相談下さい。

      あすなろ総合探偵は問題解決
      100%を目指しています!
      • 配偶者(交際相手)との関係修復サポート
      • 浮気相手と別れてもらう為のサポート
      • 離婚に向けての準備サポート
      • 効果のある慰謝料請求方法の無料アドバイス
      • 養育費・財産分与などのご相談の無料アドバイス
      • 優良弁護士事務所・行政書士事務所の無料紹介
      ご相談者様の問題が解決出来るように、最後までサポート致します!
      まずは、無料相談窓口までお気軽にお電話ください。
    • 浮気調査の成功報酬イメージ

      浮気調査の費用のご相談でこのようなご質問をよく聞きますが、どちらがお得かどうかは一概には言えません。というのも「やってみなければわからない」というところがあり、「結果としてこちらの方が得だった」という事でしかわからないのです。単純に考えるのであれば成功報酬制の場合、1回の証拠に対する浮気調査の相場がだいたい20万円~30万円に設定してあるところが多いので、それ以下の時間で証拠が撮れるなら時間単価の方が得、それ以上かかるなら成功報酬制の方が得だという事にはなります。また、浮気しているか確信がない状態で成功報酬制を頼めば、「浮気していれば証拠が撮ってもらえるし、浮気していなければ浮気していないという結果が無料で手に入るならお得では?」と思うかもしれませんが、成功報酬制は〈証拠〉が〈撮れた〉か〈撮れないか〉で料金が発生するもので不貞行為がなかった場合の結果まではわからない事が多いです。
      証拠が撮れなかったという結果は聞けても、じゃあどこで何をしていたのかという報告書まではもらえないことが多く、口頭でも教えてもらえない事がほとんどです。その為、「どちらの方がお得」かは、単純な料金だけでなく、どういう結果が欲しいのか、どういう目的で浮気調査を考えるのかによっても変わってくると言えます。
      当社は短時間の浮気調査から長期間の浮気調査まで、どちらの契約形態にも対応しており、お客様にとって最善の浮気調査プランをご提案が出来ます。

        • 調査費用には、「調査費用」と「経費」があります。
          「経費」とは調査の基本料金の他にかかる交通費・潜入費などの費用の事なのですが、「諸経費込み」の料金設定とは、そういった経費込みの金額で計算するプランです。
          それだけ聞くとお得に聞こえますが、実際は経費をどんぶり勘定で初めから調査料金に加算しているだけの場合がほとんどの為、基本的な調査料金が浮気調査の相場料金よりも割高になっていたり、調査時間が稼働分で計算されるのではなく、コミコミで提示されている事が多いです。また、請求書には経費内訳が記載されず「後から発生してくる経費がなくて金額の計算がわかりやすい」反面、細かな内訳がないのを良い事に水増し請求されていてもわかりにくいという一面もあります。「諸経費別」の料金設定とは、調査料金とは別に経費が加算されるシステムで、調査後に経費が加算されるので最終的な金額がわかりづらいという不安があるという反面、内訳にしっかり調査料金や経費の明細が載ってくるので、水増し請求がないかどうかがわかるという安心はあります。
          当社は調査にかかる費用の説明は契約前にしっかりとご説明しますので、説明の無い費用が調査後に加算される事はありません。調査費用がいくらかかかったのか、経費がいくらかかったのかをしっかりと請求書の明細に載せますので、不当な料金の水増し請求や悪質な経費の上乗せによる料金の吊り上げは絶対にありません。

      0120-632-326

      0120-106-040

      あすなろ総合探偵では、

      • 0120-632-326
      • 女性専門ダイヤル
      • メールで相談のお問い合わせ
      • LINEで無料相談

      など、お客様の状況に合わせたお問い合わせ窓口を設置しております。
      お気軽にご相談下さい。

      あすなろ総合探偵は問題解決
      100%を目指しています!
      • 浮気相談のサポート項目
        配偶者(交際相手)との関係修復サポート
      • 浮気相談のサポート項目
        浮気相手と別れてもらう為のサポート
      • 浮気相談のサポート項目
        離婚に向けての準備サポート
      • 浮気相談のサポート項目
        効果のある慰謝料請求方法の無料アドバイス
      • 浮気相談のサポート項目
        養育費・財産分与などの無料アドバイス
      • 浮気相談のサポート項目
        優良弁護士事務所・行政書士事務所の無料紹介
      ご相談者様の問題が解決出来るように、最後までサポート致します!
      まずは、無料相談窓口までお気軽にお電話ください。
    • 浮気調査の費用コストのイメージ

      料金を安く抑えるポイントは調査日や調査時間を絞り込む事です。
      浮気調査の料金は調査時間の長さで大きく変わってきますので、そこを絞り込む事がそのまま料金を抑える事に繋がります。
      対象者が浮気相手と会う日がピンポイントでわかればそれが一番良いですが、もしわからない場合、浮気相手と会う時間がある日の中から更に候補を絞り込み、調査時間を必要最低限に抑えるだけでも調査料金は変わります。
      ただし、調査日を絞り込み過ぎてチャンスを逃してしまっては元も子もありませんので、絞り込みは面談員と打ち合わせをしながら進めていく方が良いかと思います。
      また、調査当日に同性の友人と合流したり、会社の同僚と飲みに出かけたりなど、浮気相手と会う様子がなければ早めに打ち切りを決断する事も調査料金を抑える点では有効な方法です。
      当社は浮気相手と会う可能性が高い日と低い日、必要な情報と不必要な情報など、しっかりと仕分けして浮気調査を進めていく為、無駄な調査時間を削る事ができ、最終的に他社に比べて半額以下の調査費用になる事もあります。

      浮気調査について知りたい!!

        • 調査の進め方や調査方法のご提案はプロである我々にお任せ下さい。
          しかし、我々は調査対象者については何も知らず、調査対象者についての情報においては、我々よりもご相談者様の方が把握されています。
          浮気調査とはお客様それぞれに合わせた調査を組み立てていく必要があり、調査方針を決める際、調査対象者の情報や行動パターンなどはとても重要な要素になります。
          また、調査時間以外の調査対象者の動向や様子などを知る事が出来るのもご相談者様にしかできない事です。その為、調査開始前の聞き取りや、調査を進めている段階 での情報共有など、ご相談者様からの情報をプロの目線で分析しながら、二人三脚で進めていくことが浮気調査で良い結果を出すことに繋がります。
          当社はお客様にとって最良の成果を出す為、どの探偵社よりもお客様のお話をよく聞くように常に心がけております。その為、情報だけでなく意思や価値の共有を深め、お客様の望みに沿った形で浮気調査を進めていく事ができます。

        • 調査期間や時間の設定に関しては、面談時にお客様から聞き取りを行いお客様と当社面談員が協議の上で決めていく事になりますのでご安心下さい。
          調査期間に関しては、お客様の目的によって必要な証拠の種類や回数が変わってきます。また、調査対象者と浮気相手が会う頻度によって証拠を撮れるペースが変わってきますので、それに合わせて調査期間を予測することになります。
          時間に関しては、少し余裕を持たせておくべきです。例えば、「いつも10時頃に家を出るのであれば、9時30分から張り込みを開始。」「仕事の定時は17時30分だけど、会社を出るのはいつも残業で1時間は遅くなる。という場合であれば、17時30分から張り込みを開始。」といった具合です。たった30分想定外の動きになっただけで浮気調査が出来なくなることを考えれば、多少の想定外が起こっても対処できる様に余裕を持っておこうというのが基本的な考え方です。
          当社は調査期間や時間を決める際もお客様と協議を重ね、漏れがなく効率的な期間や設定をご提案して、お客様の了承を得た上でプランを決めていくのでご安心下さい。

        • 調査員の人数を決める際のポイントとしては、〈調査場所〉〈調査時間〉〈移動手段や経路〉などがあります。
          例えば調査開始場所や立ち寄る予定の場所に出入口が複数ある場合、その数に合わせた人数が必要になります。また調査時間が長くなる場合、調査員が1名ではトイレなどの生理現象や肉体的な限界という問題が出てきます。
          移動手段や経路が多岐に渡る場合、それに合わせた移動手段と人員を確保しておいた方が浮気調査の成功率が上がります。
          その為、調査員の人数は想定される行動パターンや立ち寄り先、移動手段や調査時間などを面談時にお聞きした上で、過去の実績や経験からプロが分析して必要な調査員の人数を判断します。その上で浮気調査の料金をご案内します。
          通常は2名で行う事が一般的で、はっきりとした理由もないのに4名も5名も使うと言って調査料金を上げる様な探偵業者には気をつけましょう。
          当社は無駄に調査員の増員を進める事は絶対にせず、費用を抑えつつ最大効率で目的を達成できるだけの技術と、お客様に対しての誠意を持ってご依頼を引き受ける事をお約束致します。

      0120-632-326

      0120-106-040

      あすなろ総合探偵では、

      • 0120-632-326
      • 女性専用ダイヤル
      • メールでご相談のお問い合わせ
      • LINEで無料相談

      など、お客様の状況に合わせたお問い合わせ窓口を設置しております。
      お気軽にご相談下さい。

      あすなろ総合探偵は問題解決
      100%を目指しています!
      • 浮気相談のサポート項目
        配偶者(交際相手)との関係修復サポート
      • 浮気相談のサポート項目
        浮気相手と別れてもらう為のサポート
      • 浮気相談のサポート項目
        離婚に向けての準備サポート
      • 浮気相談のサポート項目
        効果のある慰謝料請求方法の無料アドバイス
      • 浮気相談のサポート項目
        養育費・財産分与などの無料アドバイス
      • 浮気相談のサポート項目
        優良弁護士事務所・行政書士事務所の無料紹介
      ご相談者様の問題が解決出来るように、最後までサポート致します!
      まずは、無料相談窓口までお気軽にお電話ください。
  • 浮気・不倫をしているのでは?と疑う気持ちと、勘違いであってほしいと願う気持ち…。
    すでに何らかの情報によって、浮気をしているのが確実と思われ今後どう対処すべきなのか…。
    裏切られたことへの怒りや、懲らしめたいと思う復讐心など、パートナーの裏切りを知った時に思う気持ち・感情はひとそれぞれです。
    一旦、ご自身がこれからとるべき行動について冷静に考えてみましょう。

    初めて配偶者(交際相手)の浮気を知ってしまった。どうしよう。。

    目次

    クリックで配偶者などの浮気のお悩みの詳細が閲覧できます

      • case
        01
        浮気の事実を認めるイメージ

        この行動をされる対象者は、配偶者(交際相手)を大切に思う気持ちが残っており浮気問題を一日も早く終息させたいと考えていると思われます。
        仮に、浮気相手を擁護して配偶者(交際相手)の機嫌取りに動いていたとしても、今の現状を壊して離婚(破局)をしてまで浮気をしたいと考えてはいないと言えるのではないでしょうか。
        こちらからかける言葉を選んで話せば夫婦関係(交際関係)を修復できる可能性があります。

      • case
        02
        浮気の事実を認めないイメージ

        この行動をされる対象者は、突然の問い詰めに対して深く考えず感情的に反応していることが予想されます。
        自分のやましい事について知られてしまった精神的プレッシャーや、今後どのように対応していいかがわからず、とりあえずその場から逃げたい、話しをして不利になりたくないなどの後ろ向きの心理状態と思われます。
        対象者にも冷静に考える時間が必要な場合がありますので、早く結論を出させようとせずに感情的な言動は避け、しっかりと真剣にこちらの思いを受け止めさせる必要があるのではないでしょうか。

      • case
        03
        浮気の事実を否定するイメージ

        浮気の話し合いをされた際に一番多いケースではないでしょうか。
        浮気はホテルや部屋の中の密室で行われているケースがほどんどです。
        携帯メールを見られたり、浮気相手と一緒にいるところを万が一見られていても性行為の現場まではバレてないだろうと、計算して強気の姿勢で対抗してくることが想定されます。
        また、安易にメール内容を見たことをこちらから話を切り出すと逆切れや、人の携帯を勝手に見るなんて信頼できないなどと言われ逆に距離を置かれる可能性も考えられます。
        このようなタイプの対象者には、こちらも今後の出方をある程度示す必要があり、事実の真偽についての話し合いよりも、今後私はこうしたいと一歩先を見据えた話し合いが有効です。しっかりと証拠固めをした上で話し合われることをお勧めします。

      • case
        04
        開き直り浮気相手に乗り換えるイメージ

        この行動をとる対象者は、浮気相手との将来を約束している又は考えている傾向が強く、配偶者(交際相手)との関係を修復する意思が少ないと考えられます。
        稀に浮気相手の尻にひかれていて、強引に引っ張られてそのような状況になっているケースもありますが、その可能性は配偶者(交際相手)の性格を把握しているあなたが一番判断できるのではないでしょうか。
        このようなタイプの方は、こちらの出方を軽視している又は法的にどこまでされるかを理解してわかった上で行動をしている方が多いと思われます。
        しっかりと証拠固めをした後に話し合われることをお勧めします。

    既婚者・お子様がいらっしゃる方向け
    ご自身の対応次第で、今後の配偶者との関係が変わります。

    目次

    クリックで浮気を知った後の配偶者との関係の詳細が閲覧できます

      • 01
        離婚届のイメージ

        離婚を意識して対応される場合は、離婚に伴う

        • 財産分与
        • 親権者の決定
        • 養育費
        • 慰謝料

        など、賢く立ち回り、事前に下調べ、用意する書類や情報がいくつかあります。
        まずは、事を進める前に用意周到に証拠など準備をしてから話し合いを始めることをお勧めします。

      • 02
        関係修復のイメージ

        反省してもらうには、どのような攻め方が一番効果的でしょうか。
        人によっては、ご両親に叱ってもらう方や、反対にご両親には内緒にするから「次はないよ」という方、離婚すると子供に会えないことを引き合いに反省してもらう方など様々です。
        大切なことは、今回は許してもらえたが次回また浮気をした場合は許されないとしっかりイメージを植え付け、ご自身もパートナーが目移りしないよう努力をし続けることが必要になると思われます。

      • 03
        子供を優先するイメージ

        浮気の事実がわかっても、現在の生活スタイルを変化させる為の準備やお金が用意できない。
        子供がお父さん(お母さん)のことが大好きで離れると悲しむ、世間体など理由は様々かと思います。
        同じ我慢をするにしても、今後の目標や準備をしながら我慢する方と、何も考えずに我慢している方とでは数年後の生活は天と地ほど差があります。
        意味のある我慢をして、一度だけの人生を後悔しないように頑張りましょう。

      • 04
        子供が卒業するまでのイメージ

        とにかく子供の生活に影響が出ないように慎重に決断したい。
        両親の浮気の事実は子供さんにとってショックな出来事です。年齢にもよりますが、子供さんに話をされてしまう方や子供さんがそもそも気づいている場合もケースとしてあります。
        子供の目線で考えると、自分の為に親が我慢しているということも一つの重荷になっていることも考えてあげましょう。
        我慢すると腹を決める場合は、子供さんの前では心労を見せずに生活を送る覚悟も大切になるでしょう。

      • 05
        収入のイメージ

        ご自分の収入だけでも生活が出来ることはとても重要なことです。
        男性であれば、別れた後金銭面での負担が軽くなる方が多いかと思われますが、逆に女性の場合は生活費の大半を男性の収入に頼って生活し、家事育児などをされていた場合には感情任せに家を出て別居や離婚と進んでしまうと生活が困窮する可能性が多いに考えられます。
        まずは、貯金があっても安定した収入源を確保してから検討しましょう。

      • 06
        離婚に反対されたイメージ

        まわりの反対意見も大切な意見です。しかし一度しかない人生において全て人の意見に合わせて行くには難しい場合が御座います。
        ご自分の中で優先順位を考え、極端な選択は避けつつも一つ一つ対策を検討していく必要があるかと思います。時には身近な方よりも他人の第三者の意見を聞いてみるのもよいかと思います。

    状況を有利に進めるためにも探偵社で相談しましょう

    感情的な衝突は、ご自身の精神的ストレスを増長させてしまうだけではなく、状況を有利に進める為のチャンスも失ってしまう可能性があります。
    冷静に考え、下記のようなシグナルがないか注意してみてはいかがでしょう。また気になるシグナルや言動などがあった場合に、無料で相談が出来る探偵社もあるのでお気軽にご相談してください。

    !注意!

    • 浮気を疑われないように気を使って嘘のスケジュール申告をしてくる可能性はありませんか?
    • メール・LINE・SNSなど、バレていないと油断して削除せずに残していませんか?
    • 浮気相手との交際の為、カード利用や交通系ICカードに履歴が残っていませんか?
    • 服装や言動、趣味や興味の変化など浮気相手に影響されている様子はありませんか?
    • 状況判断から次回に浮気相手と会う日時が想定できませんか?

    0120-632-326

    0120-106-040

    あすなろ総合探偵では、

    • 0120-632-326
    • 女性専門ダイヤル
    • メールで相談のお問い合わせ
    • LINEで無料相談

    など、お客様の状況に合わせたお問い合わせ窓口を設置しております。
    お気軽にご相談下さい。

浮気相談のお知らせ
浮気相談の解決プランをご提案
浮気相談の知っておいた方が良い知識
女性専門ダイヤル
女性専門LINE相談
  • 浮気についての探偵社独自の解決案をご紹介
  • 優良弁護士事務所をご紹介
  • 調査費用が高くてお悩みの方へ
  • 浮気・不倫用GPSレンタル
なぜ、あすなろの

浮気調査


選ばれるのか?

地域密着

地元探偵による地域密着型を
徹底したコスト削減!

  • 徹底した分析、データ収集を行い、無駄な調査を省いて費用削減!
  • ご希望の予算に合わせて契約可能!
  • 地域に密着しているため無駄な出張費や交通費は含まれていません!
安心して依頼できるイメージ

調査実績

裁判所で採用される高い
証拠能力と調査実績!

  • 当社独自の最新機器を使った調査手法!
  • 裁判所でそのまま使える写真付きの調査報告書!
  • 他の探偵や自分で調べて、対象者にバレてしまった方でも依頼・相談可能!
信頼と実績があるイメージ

無料サポート

関係の修復や離婚・慰謝料に
関してわかりやすくアドバイス!

  • 浮気調査終了後から解決するまでの充実した無料サポート!
  • 夫婦関係の修復など、離婚だけではなくご相談者の方に必要なアドバイスを致します。
  • 目的に応じて良心的な弁護士事務所をご紹介!
手厚いサポートのイメージ

  • 浮気についての探偵社独自の解決案をご紹介
  • 優良弁護士事務所をご紹介
  • 調査費用が高くてお悩みの方へ
  • 浮気・不倫用GPSレンタル
初めての方向け

はじめて浮気調査を検討している方へ

初めての方向け

悩んでいる方へメッセージ

あすなろ総合探偵社

  • 浮気調査の質問
    浮気調査は即日対応可能ですか?
    質問の答えを見る
  • 浮気調査の質問
    浮気調査費用が心配です。
    質問の答えを見る
  • 浮気調査の質問
    浮気相手の身元が知りたい。
    質問の答えを見る
  • 浮気調査の質問
    1日短時間だけの浮気調査は可能?
    質問の答えを見る
  • 浮気調査の質問
    以前はLINEをこっそり見ることが出来ましたが、最近ロックをかけられ警戒しています。
    質問の答えを見る
  • 浮気調査の質問
    交際相手が他の異性と会っているようなのでハッキリ知りたい。
    質問の答えを見る
女性専門ダイヤル
女性専門LINE相談

状況や目的別にフローチャートで
簡易的にアドバイスします。
ご自分の目的によって項目を選んでみて下さい。

事例と料金のご紹介

事例1

  • 夫に慰謝料請求
  • 調査期間:2週間

対象者:夫(60代)

依頼動機

2年程前に夫の浮気の証拠を掴んで、浮気相手と別れさせた。しかし、1年程経って別居することになった。現在も関係が続いていると思われる夫に償いをさせたい。

調査内容

勤務先から尾行を開始して、浮気相手の女性の自宅を特定することに成功。行動を分析すると、毎日、女性の自宅に寝泊まりしているようである。女性の行動も分析した後、朝と晩、張り込みを行った。二人で女性の自宅に宿泊している証拠を2週間かけて、間を空けながら5回押さえることに成功。今回は二人が規則正しい生活をしていた事で、時間を絞って調査をすることが可能であった。女性の勤務先も調査を行う過程で判明。また、休日に出かけて買い物をしている状況等の撮影に成功した。

調査後の結果

調査結果を報告した後、弁護士を紹介してほしいとの事だったので、弁護士をご紹介。現在は弁護士を通して、浮気相手の女性に対して慰謝料を請求している。また、生活費の支払いが滞っていたため、婚姻費用の分担請求も行っている最中である。


事例2

  • 不倫を楽しむ夫
  • 調査期間:1日

対象者:夫(20代)

依頼動機

夫の携帯を見て、既婚女性と浮気していることが発覚。まるで恋人のようである。バレンタインデーに子供を連れて実家に行くため、その日に調査をして欲しい。

調査内容

予想通り、浮気相手の女性と接触。今回は浮気相手のラインのプロフィール画像が女性の顔になっており、接触した女性が浮気相手の女性であると判断できた。女性が対象者の車に乗り換えて、ランチやショッピングを楽しんだ後、ラブホテルに向かった。ホテルに行くまでの間、手を繋いだり、キスしたり、ご相談者様が言う通り、本当にカップルのようであった。ホテルから出るシーンを撮影して、証拠を押さえることに成功。対象者は夜までフリーのはずであったが、浮気相手の家庭の都合があったのか、夕方には解散して、調査終了となる。

調査後の結果

調査報告の際、ご相談者様から「他のケースと比べて主人はどのように見えましたか?」と聞かれました。調査員の目から見ても、肉体的な関係より精神的な恋愛を楽しんでいるように思えたとお伝えすると「離婚を考えてみます。」と言い、もう一度、不貞行為の証拠を押さえることと、浮気相手の身元の特定調査を申し込まれる事となる。


事例3

  • 婚約者の行動が怪しい
  • 調査期間:4日間

対象者:彼女(30代)

依頼動機

休日は彼女と同じなのだが、最近、彼女に予定が入って会えないことが多々ある。両親も心配しており、自分と会わない日に何をしているか知りたいとのことで、調査を依頼。

調査内容

会えない日の予定を事前に確認した上で、調査を行う。理由は全て友達と遊ぶから、とのことであった。調査初日、午後から美容院に行くという情報があったため、夕方から美容院で調査を開始。美容院から出て来て、しばらく移動した後、男性の車に乗って移動を開始。デートを楽しんだ後、男性の自宅に宿泊した。その後も調査を行ったところ、2日間は女性の友人との接触を確認した。4日目に関しては、1日目とは別の男性と栄駅付近で合流して、食事をした後、対象者の自宅に男性が宿泊するのを確認した。
接触した男性は二人とも対象者と同年代程度の男性であった。

調査後の結果

調査結果を報告すると驚いた様子であった。接触した男性は二人とも知らない人物であった。ご相談者様と会っているペースから考えると、この二人の男性も同じぐらいの頻度で会っていることが予測される。別れる覚悟をした上で、探偵社に依頼したとは言わずに、彼女と話をしてみるとの事であった。


事例4

  • 休日に出かけるようになった妻の浮気
  • 調査期間:2か月間

対象者:妻(40代)

依頼動機

子供も大きくなり、夫婦の会話も減ってしまった。最近、帰りが遅くなることが多い。休日も家にいないことがある。浮気しているかもしれないので調査したい。

調査内容

約2週間、妻の使用している車両の動きを分析。あるマンション付近に車が停車していることが複数回確認された。車を止めてどこに行くかを調査したところ、マンションの一室に入っていく姿が確認された。後日、マンションの住人を特定すべく、張り込み調査を行うと、同年代の男性の姿が確認された。マンションに男性以外の人物が住んでいる様子は無いことから、このマンションで不貞行為を行っていることが推測された。マンションでの不貞行為の立証のため、二人の出入りを10回、休日にデートしている様子を2回押さえて、調査終了となる。

調査後の結果

ご相談者様は離婚するつもりはないとの事。まずは、妻に話をして、最初は認めなかったものの、浮気相手の男性の話をするとあっさりと自分の行為を認めた。ご相談者様は妻にも浮気相手の男性にも慰謝料を請求しないことで、今後一切会わないことを約束させることに成功した。


事例5

  • 不倫相手の彼氏が浮気している
  • 調査期間:1日

対象者:彼氏(40代)

依頼動機

ご相談者様と対象者は不倫関係にあり、対象者はご相談者様と妻以外にも女性の影があるとの事で調査を依頼。今週末は夕方から出かけるとのことだったので調査を行う。

調査内容

対象者は今週末の夕方から夜にかけて会社の同僚たちと飲みに行くため外出した。そこで土曜日の18時から対象者の自宅付近にて、張り込みを開始した。暫くして自宅から移動を開始して、最寄駅で女性との接触を確認。二人は駅前のレストランで食事をした後、タクシーに乗車してラブホテルにチェックインした。その後、対象者と女性がラブホテルから出て来るシーンを撮影して、女性の尾行を開始。タクシーで駅まで移動した後、駅前で対象者と別れて、電車に乗って移動を開始。

調査後の結果

ご相談者様に報告すると、ご相談者様は女性の顔に見覚えがあり、女性は対象者と同じ会社に勤務している女性ということが判明した。その後、ご相談者様と対象者との話し合いの結果、対象者の男性と別れることを決めました。


事例6

  • 夫から一方的に別れを切り出されて
  • 調査期間:2週間

対象者:夫(20代)

依頼動機

ご相談者様は突然夫から離婚を迫られており、理由を聞いてもはぐらかされる。最近は夫の帰りが遅くなっており浮気を疑っている。

調査内容

仕事が終わってから帰宅までの行動が怪しいとのことだったので、先ずはその時間帯の対象者の行動に怪しい点がないかを調査することとなった。その結果、仕事終わりの対象者がとある一軒家に入る姿を確認した。その後、一軒家に2時間ほど滞在してから女性と一緒に出て来て、女性に見送られる姿を確認した。数日間仕事終わりの対象者を調査すると、毎日その一軒家に2時間ほど滞在してから帰宅することが分かった。

調査後の結果

調査結果をご相談者様に報告すると、ショックを受けた様子でした。子供がまだ幼稚園児なので幼稚園を卒園したら離婚をする方向で考えていきたいとのことでした。


事例7

  • 浮気を認めている妻との離婚
  • 調査期間:1か月

対象者:妻(30代)

依頼動機

以前、妻の浮気が発覚して、妻も浮気をしていたことを認めていますが、その後も浮気相手の男性と連絡を取り合っている様子。浮気相手の男性に対して慰謝料請求をしたいと考えている。

調査内容

ご相談者様が仕事に行っている間、妻は自宅にいるとのことだったのでご相談者様が仕事に行った後から張り込みを開始した。最初の一週間はスーパーマーケットに買い物に行く以外の行動は見られなかった。しかし2週目に入り、自宅前に男性が運転する車が停車して、妻がその車に乗り込むのを確認した。その後、車は少し離れた場所にあるラブホテルに駐車されて妻と男性がラブホテルに入っていくのを確認した。2時間後、ラブホテルから出て来た男性と妻が自宅に帰るのを確認した。その結果を踏まえて男性の調査に切り替えると約2週間後に車が対象者の自宅前に再び停車してラブホテルに行くのを確認して、そのまま男性の身元を確認した。

調査後の結果

浮気相手の男性とラブホテルを出入りした写真、浮気相手男性の情報を報告。ご相談者様は離婚することを希望していたので弁護士を紹介して調査は終了。


事例8

  • 彼女と連絡が取れない
  • 調査期間:4日間

対象者:彼女(20代)

依頼動機

最近、彼女が時々夜になると連絡が取れなくなる。彼女はOLをしているので日中は仕事に出かけているが、夜は普段連絡が返ってくるはずなのに何をしているか不安になり依頼。

調査内容

退勤時間を狙って彼女の勤務先で張り込みを開始。彼女が勤務先から出て来て移動を確認した。その後、自宅に帰りその日の調査を終了した。2日目も勤務先から尾行するが、スーパーマーケットに寄った後、自宅に帰って終了となった。3日目、再び勤務先から尾行すると彼女が家とは別の方面に移動して、駅前の喫茶店に行った後、付近にある風俗店に入る姿を確認した。次の日も仕事が終わってから、駅前の喫茶店に入った後、風俗店に入っていく姿を確認した。ご相談者様に確認すると連絡が取れない時と同じ時間とのことだった。

調査後の結果

ご相談者様に報告すると、浮気はしていなかったが風俗店で働いていたことに非常にショックを受けているようでした。今後のことは彼女と話し合って決めていくとのことでした。


事例9

  • 毎週土曜日にゴルフ?気になり財布を覗くとコンドームが
  • 調査期間:2日

対象者:夫(40代)

依頼動機

1年前からゴルフ練習に行くと言って、土曜の朝早くに出かける。元々まめではなかった夫がここまでゴルフに行くのは怪しいと財布をみるとラブホテルのカードを見つけてしまった。

調査内容

土曜に調査日を絞り自宅から尾行を開始。車両で移動する対象者を尾行すること20分、隣町のスーパーマーケットの駐車場に車両が駐車され、40歳代の女性が対象車両に乗車した様子を確認した。その後近くのラブホテルに入る姿が確認撮影され、対象と不倫相手の女性は午前8:00~午後18:00まで滞在。1日目はラブホテルから出てくる証拠写真を押さえ終了。翌週、再び同じ行動をした為女性の自宅割出を決行、その後一軒家に両親と暮らしている独身女性であることがわかった。

調査後の結果

ご相談者様には二人の子供がおり、夫の収入で生活をしていることから、すぐに離婚せず夫に不倫をやめるように話し合いを設けることに。最初はとぼけていましたが、具体的にご相談者様が状況を知っているとわかると事実を認め謝罪しました。浮気相手の女性には慰謝料請求しないかわりに、2度と夫と連絡をとらないとの誓約書を書いてもらい普段の生活に戻る結果となりました。


事例10

  • 勝手にアパートを借りて出て行った・・・
  • 調査期間:1ヶ月間

対象者:妻(40代)

依頼動機

妻とは家庭内であまり話すことがなくなり、携帯をよくいじり肌身離さずもっている。突然一人で今後のことを考えたいと別居を申し入れてきた。住所は言いたくないとのこと。

調査内容

ご相談者様の協力を得て、対象と接触をセッティング。公共交通機関を利用し移動している対象の追尾を行う為、最寄りのバス停に調査員、車両班、バイク尾行班とチームを分けてセット。追尾を開始して間もなく、対象がとある駅のロータリーで迎えに来た男性が運転する車両に乗車し移動を始めたのを確認した。調査員は近くのタクシーを利用し、車両の停まったマンションを特定。張り込みを開始したがこの日はマンションから出てくる様子が確認できない。ご相談者様と相談し、新居として借りているアパートが別にあるのか、またはこの男性のマンションが対象の新居なのかを特定する為、連日の調査が実施された。結果、男性との同棲が判明した。

調査後の結果

若い男性と同棲している事実におどろいていたが、子供の為には離婚したくない。若い男性にだまされているのではとまだ妻を信用している様子がありました。同棲している証拠写真が数日にわたり押さえられたことから、男性に慰謝料請求を行い妻に対して本気なのかを確認したいとの流れになりました。結果、男性はお金を払ってまで不倫を続けるつもりはなく、SNSを通じ知り合った人妻と交際してみたかったと・・。別れを告げるので慰謝料を減額してほしいとの交渉をしてきた。一連の流れを妻に話し、自宅に戻ってくることになったものの携帯を見ている妻の様子は不安ですと話していました。


事例11

  • ホストクラブの彼氏が心変わり!
  • 調査期間:2週間

対象者:彼氏(20代)

依頼動機

最近会う回数が減り、連絡も少なくなってしまったので、以前の浮気相手とまだ関係が続いているのではないかと心配になり、調査を依頼。

調査内容

ご相談者様と会う際は退勤した後に会うことはなかったため、数日間、出勤前に調査を行う。また、車は所有しているが、普段はあまり使用しないとの事で、今回は車両をマークせずに調査を行う事となった。しかし、実際に調査してみると、対象者が車両を使用しての行動が多いという結果が出たので、日数と予定を変更して、不審な動きがあった場合のみ調査を行う事となった。対象者は3日に1回程度、名古屋まで移動することがわかり、その際に女性と接触していることが判明した。また、仕事を休んで、女性と1日過ごしていることも確認された。

調査後の結果

調査結果を報告すると、以前の女性とは異なるとの事であった。二度も浮気されてしまったこともあり、自分も先のことを考えなければいけない歳なので、彼氏のことはあきらめると言い、事務所を後にした。


事例12

  • 転職した妻の携帯にロックが・・おかしい!
  • 調査期間:2ヶ月間

対象者:妻(50代)

依頼動機

転職したことで帰りが遅い日が続き、休日も仕事が多くなった。妻は仕事が楽しいと言っているが、家庭のことが以前より雑になり、携帯にロックがかかっている。

調査内容

平日の夕方から、対象の勤務先にて調査を開始。定時は午後17:00であるが、従業員の出入りはない、2時間ほどしてから人の出入りがあったが対象の姿は確認できない。午後21:00対象が勤務先から一人で出て来て帰宅ルートを移動。対象に気が付かれないように、連日の調査は避け間隔をあけて何度か確認をしたが連日退社時間は遅かった。ご相談者様もほっとしていたころ、最後に休日出勤の日を調べて欲しいとの依頼を受ける。出勤日はご相談者様からの連絡で日時を確認。追尾をした結果、勤務先へは行かず近くのコンビニ駐車場で男性が運転する車両に乗りそのままラブホテルに入った。後の結果、男性の身元を確認すると勤務先の社長であることが判明。

調査後の結果

ご相談者様は家庭内で話し合いをしたが、妻は悪びれる様子もなく過去にご相談者様が浮気をしたから私もした。本気で浮気相手を愛している、離婚してほしいと・・。ご相談者様は慰謝料500万円を請求したが、浮気相手の男性は弁護士を入れて減額を申し入れた。最終的にはご相談者様の納得できる範囲の金額で和解し離婚もしたとのこと。


浮気・不倫用GPSレンタル

0120-632-326

0120-106-040

0120-632-326

0120-106-040