指紋鑑定

<指紋鑑定について>特定率100%!警察庁監察課出身の確かなプロが鑑定にあたります!
指紋は人や指ごとに一つとして同じものはなく、一生涯変わらないという性質であると言われています。そのような性質を利用して犯罪捜査や個人認証など多様な場面で指紋認証が用いられています。あすなろ総合探偵社には警察庁鑑識課で勤務、経験を積んだ、捜査現場で多くの指紋鑑定をしてきたプロが在籍しており鑑定を実施しています。その特定率は驚愕の100%を誇ります。当社の精度の高い指紋鑑定をぜひお役立てください。
<指紋のバリエーションと鑑定の方法>指紋は大きく三つに分類されます。
一種類目は渦状紋です。渦巻状や円形の線で形成されており、日本人は約50%がこの渦状紋を持つと見られています。二種類目は蹄状紋であり、左右どちらかの向きへ蹄の形を作って流したような紋状となっています。日本人の約40%がこの蹄状紋を持つと見られています。三種類目は弓状紋です。弓状の線のみで形成された紋状で、片側から他方へ流れ、決して逆流しません。日本人では珍しい指紋です。この大まかに分けられた三種類の他にも、変体紋という指紋がありますが、これはどの形状(紋状)にもあてはまらないとても珍しい指紋です。
指紋鑑定では、特徴点と呼ばれる点がクリアに確認出来る場所を8点以上抜き出して行います。次に対象者の指掌紋から同じ場所の特徴点を抜き出しておきます。その作業後に両方の特徴点の位置と方向を比較し、一致点と乖離している点がないか確認をしていきます。この際に、2つの特徴点の間を横断する隆線数「リレーション」も鑑定に加えることで、より精度の高い鑑定を実現しております。尚、刑事事件においての警察庁の判定法では、原則12点以上の特徴点の一致が基準として使用されております。


<指紋鑑定についてのQ&A>
Q1. 指紋の検出ができるかどうか、前もって診断できるのでしょうか?
A.ご依頼の品や資料の保存状態によって、検出できそうか否かの判断をつける事はではありますが、可否については実作業を行ってみないと、検出可能かどうかはわかりません。接触者の体質、その日の体調次第で、指紋が付着していない可能性もあり、指紋の鑑識は、作業をしてみないとわからない、というのが現実です。ケースによっては、詳細な見積もり算出時に、希望の結果が得られそうか否か、鑑定士による見解を聞くことが出来ます。無料でご相談を受け付けておりますので、一度ご確認下さい。
Q2. 指紋を検出しやすい素材、しにくい素材はありますか?
A.【指紋照合がしやすい素材】 ・上質な紙(OA用紙など含む)、封筒 ・グラス・コップなどのガラス類 ・表面が滑らかな金属、プラスチック製品 【検出しにくい素材】 ・半紙や和紙等、表面がざらざらとした手触りの紙類 ・接触した面積が非常に小さいもの ・革製品(カバン、名刺入れなど) ・毛糸、目地が粗い布製品 ・普段から接触する人が多いようなもの簡単に用意しやすい物としては、紙類を使うことが一番多いですがクリアファイルなどのOA用品もよい素材として挙げられます。窃盗事件などで頻繁に目にする革のバッグや財布は、油や汚れが付着しにくいような加工が施されている製品が多く、革と分泌物が反応を起こし、傷みが激しいために指紋検出、照合が困難になります。
Q3. 指紋はどのくらいの期間、残っているものなのでしょうか?
A.保存状態にもよりますが、一般的には紙類であれば数年に渡って、金属やプラスチック、ガラス類も数カ月という単位で残るケースがあります。しかしながら、長期保存されたものは酸化や経年劣化の影響を大きく受けることは避けられず、指紋検出のためには、最大で数カ月と考えるのが良いでしょう。
Q4. 資料や対象物を保管する際に気を付けておくことはありますか?
A.指紋が劣化する原因には、いろいろありますが代表的なものは以下です。 ・日光・過度の気温差 ・空気対流、周りとの接触やこすれなど ・時間経過・付着した分泌物との化学的な反応指紋検出や捺印の鑑定を実施する際は、出来る限り迅速に実施し、資料を保存したい場合には他の物と触れないよう固定するなど配慮し保管しましょう。
Q5. 幾らくらい掛かるか、事前にわかるのでしょうか?
A.まずは概要を電話やメールでお聞きして、大よその費用をご案内させていただきます。詳しい見積もり金額は、ご依頼の物の保存状態(難易度)などを確認、チェックさせて頂きたいので、資料を郵送して頂くかまたはお持込み頂いた後になります。ご承知下さい。

事例紹介
イメージ
  • ① 会社に届いた怪文書の送り主をつきとめたい
  • 依頼者
  • 対象者
  • 調査期間
  • 調査料金
  • 依頼内容
  • 刈谷市内 企業
  • 社員
  • 3週間
  • 284,000円
  • 定期的に会社に怪文書が届く。内容からすると社内の人間である可能性が高く、犯人の目星はついている。大事になる前に処理し、対応したいとのことで鑑定を依頼。

指紋鑑定


まず鑑定対象となる文書及び封筒から指紋の検出作業を行う。合計2通の怪文書から照合できる状態の指紋を8個検出。そこで一旦報告させて頂き、継続して鑑定することを確認する。犯人と思われる人物の指紋が付着している可能性があるものをご提供頂き、検出を行う。照合した結果8個中5個が一致するという結果がでた。


調査結果

鑑定の結果をみて、間違いなく目星をつけていた人物が犯人であると確信。鑑定書を本人に見せて話し合ってみるとの事。

ページトップへ戻る