優良探偵社の選び方

契約時の注意点
まず断わっておきますのは、他社を批判するつもりでは全くありません。この業界の中でお客様に信頼できる探偵社を選んで頂きたいからこそ、注意喚起のためにこのようなページを作成いたしました。
探偵業界には悪質な業者が残念ながら数多く存在しているのが現状です。悪質な業者までもがこのようなページでアドバイスしている、誠実な探偵社を装っている場合まであります。
色々な業種がある中で、とくに探偵業界は会社を選ぶ際、細心の注意が必要な業種となっています。実際、毎年のように消費者センターなどへは悪質な探偵社についての相談や苦情が数多く寄せられています。下記にて探偵社選びの注意点やポイントを紹介しておりますので、参考にしていただけたら幸いです。
営業所・事務所の実態がない
まだまだ架空の事務所を使った営業行為をしているところがあります。探偵社は一人だけで営業している個人事業主が多く、事業所の所在地を公開していない業者は、電話の転送を使い事業所があるかのように装っている可能性があります。また、所在地を公開していても、行って確認してみると空き地だったり、建物はあるが部屋番号の記載がなかったりというケースも少なくありません。
このような手法は個人経営の業者だけではなく、大手探偵社でも使われている手段です。大手であることを宣伝している探偵社が実はフランチャイズで、本部大手のスタッフがそこには常駐していないため、このような手段を使うのです。面談の際に、事務所以外の場所を指定されたり、依頼者が事務所に来る機会を避けようとする探偵社にはやはり細心の注意が必要です。うまく逃げるための手口の可能性がありますから情報と実態を自分でしっかりチェックしましょう。

契約前に入金を促す、正式な契約書を交わさない
契約書を交わす前、又は交わさず調査をお願いし、前払いで料金の支払いがされているのにもかかわらず、調査を十分にしない、全く調査をしないという業者がまだまだあります。そのような悪質な業者は名刺も渡さなかったり、後から連絡をしてもつながらなかったり、「そんな人、うちにはいない」と言われるケースもあるようです。探偵業法でも、契約書を交わすこと、契約の際、重要事項を説明することが定められています。法律に反するような業者は最初から相手にしないようにしましょう。

見せかけだけの料金、架空プランに注意!
ホームページに料金を掲載していない探偵社はまず問題外です。しかしながら料金を公表している探偵社でも注意が必要な場合があります。料金表では安く設定されているのに、契約段階では高額な額にかわっている、又は追加料金という名目で高額な支払いを請求されたいうケースを耳にします。契約書にサインする前に最終的にどれぐらい料金かかるのかという総額、また調査内容をきちんと知っておくことが大切です。電話をして問い合わせをする前の段階で、大体の料金を把握しておきましょう。1社だけでなく数社に料金の相場を問い合わせてみることも大切です。

会社の規模だけで判断しない
規模の大きさや大手だからといって探偵社を選ぶことは危険です。残念ですが実際に大手探偵社への苦情も多いようです。一般的に大手探偵社は高額で、だからといって小規模な会社の低価格がいいと言っているのではありません。大事なのはその探偵社の技術力と、最終的にかかる料金の総額のバランスです。セールス上手な相談員の話に引き込まれ過ぎないように気をつけながら、信頼できる会社かどうか冷静に見極めることが重要です。相手をしっかり見渡せる余裕が持てるように落ち着いて話を聞きましょう。

面談まで何も話さない
探偵社に電話やメールで問い合わせをしても、料金の説明も調査についての説明も全く対応しないということがあります。何の説明もしないまま、とにかく会って話をしようとする探偵社は危険だと言えます。詳細なお話を聞いてからでないと具体的な料金や調査提案はできません。ですが、標準的な説明がないというのではその探偵社の姿勢には最初から誠意を感じられません。先に電話で説明や簡単なアドバイスを聞いてから面談をすることをお勧めします。また、面談後に契約を一度考える時間を与えてくれるかどうかも会社を選ぶ重要ポイントとなります。自社のサービスに自信があれば、依頼者が他社とも話をしていても、最終依頼は自社を選択してくれるという自信の表れでもあります。

調査方法の説明がない、調査技術に不安を感じる
調査に関する技術は料金と同じぐらいとても重要なことです。料金が安いからといって調査に失敗する、きちんとした調査を行えないようではお金も時間も無駄になってしまいます。どのような調査方法をとるのか具体的に聞いてみましょう。探偵社を選ぶ際のよい判断材料になります。納得のいく説明がきちんとできる会社かどうかしっかり見極めましょう。

ページトップへ戻る