金銭トラブル

ちょっとした金銭のトラブルを抱えているだけでも人は心が晴れることはありません。まして、拗れてしまうと解決するのはなかなか困難です。もし悩んでいらっしゃるのならお話をお聞かせください。
金銭トラブルについてのご相談はここ数年、急増加しています。男女間での金銭トラブルはもちろん、職場の同僚関係の方や友人、親戚との金銭トラブルも起こっています。
こんなことで悩んではいませんか?
・お金を貸したまま、相手が失踪した。
・お金を貸す時に、借用書を取り交わしていない。
・今までかかったデート代を請求された。
・お金を貸しているが、所在を把握しておらず、逃げられないか不安。
・借金の保証人になったが大丈夫な相手なのか調べたい。


事例紹介
イメージ
  • ① 結婚を約束した水商売の彼女にお金を貸した
  • 依頼者
  • 対象者
  • 調査期間
  • 調査料金
  • 依頼内容
  • 名古屋市在住 男性(34歳)
  • 彼女(24歳)
  • 1ヶ月間
  • 342,000円
  • 依頼者様と対象者である彼女は、対象者の勤めるお店で知り合い、数回通ったのちに交際がスタートした。翌年には結婚する予定であった。対象者は依頼者様から何度となく、生活費という名目で5万円~10万円程度のお金を借りるようになる。先日は母親が入院したと言い、治療費がかかるというので100万円を貸した。しかしそれ以降、会う回数も減り、とうとう連絡がつかなくなった。お店に顔を出しても店側から出入り禁止との通告を受ける。待ち合わせはいつも対象者の自宅近辺ばかりだった為、正確な自宅の位置を把握していない。気が付けば貸した金額は300万円を超えている。心配であり気持ちが晴れないと当社に依頼。

金銭トラブル


まず始めは対象者の自宅を特定することに。勤め先のお店から尾行を開始、自宅を特定することに成功。そこから当社独自の調査方法で対象者の実家を特定する。
対象者の母親は入院しているとの話だったはずが元気に生活していることが明らかに。依頼者様に報告すると増々不信感がつのったとかなり感情的になっていたが、当社相談員のアドバイスを聞き、一旦冷静さを取り戻す。


調査結果


現住所と実家を特定した所で依頼者様が対象者に交渉。交渉の際に感情的になってしまうかもしれないとの事で、依頼者様のご要望で、相談員もその場に立ち会うことに。本人からは返済していくとの言葉が聞けたので、もし返済が滞った場合は実家に交渉しても良いとする内容の誓約書と借用書を交わした。調査終了となる。

ページトップへ戻る