筆跡鑑定

筆跡鑑定書は多くの方よりご信頼頂いています。裁判所へ提出実績多数あり!
文字を書く時、書き始め(起筆)から書き終わり(終筆)まで、筆記具を用いて運筆行動が必ずあります。このとき、記載する者が持つ個々の書癖により運動軌跡ができ、筆跡上で個人差が発生します。これが、筆跡上の個性と言われるものです。これで判別するのが筆跡鑑定です。
あすなろ総合探偵社では色々な筆跡鑑定に対応しております。有印私文書偽造や有印公文署偽造といった公文書や遺言書、いじめ・嫌がらせの手紙(文書)、金銭借用書など多様です。民事事件はもちろんですが、刑事事件における科学的な鑑定にも提出できる鑑定書を提供させていただきます。加えて、裁判員にも理解することが可能な鑑定書を作成しておりますので裁判員裁判においても、高い評価を全国各地からいただいております。



筆跡鑑定における信頼性は!
現在の裁判では、筆跡鑑定はドーバート基準に沿って扱われております。信頼性が高いものは証拠として採用され、自分の判定が正しいと申し出ても、科学的根拠なくして鑑定の証拠価値は無いと判断されているのが現状です。ドーバート基準について少し説明いたします。
ドーバート基準は下記の4つの観点から構成されています。
1.理論や方法が実証でき、かつテストが可能なこと。
2.ノウハウがピア・レビュー(検証)されている事、又は出版されていること。
3.結果を評価するための誤差率や、標準的な手法が明らかにされていること。
4.専門分野で一般的に認められていること。
現状では、公的な資格が存在しない筆跡鑑定の分野ではこのような基準を満たしたと判断されたものだけが裁判で有効と認められています。

事例紹介
イメージ
  • ① 偽りの遺言書
  • 依頼者
  • 対象者
  • 調査期間
  • 調査料金
  • 依頼内容
  • 安城市在住 夫婦(50代)
  • 父の遺言書
  • 2週間
  • 360,000円
  • 先日、他界した父の遺言書が出てきた。妹夫婦を優遇するような内容が濃くあり、とても納得がいく内容ではない。書かれている文字も父の字ではないような気がするとのことで筆跡鑑定を依頼。

筆跡鑑定


対象資料を収集し、鑑定を行った結果、遺言書の筆跡はお父様の筆跡とは異なることが明らかとなった。そこで今度は誰が書いた物であるかを調査するために親戚一同の筆跡が分かる資料を集める。筆跡鑑定の結果、妹の夫が偽造したものであることが判明した。


調査結果


報告をさせて頂いたのは鑑定の結果が出た3日後でした。
この鑑定結果を持っていき、皆で話し合うと言われて、その場を退出された。
後日、依頼者様から、家族間でこのような問題が起こったことは非常に残念ではあるが、真実がわかったことには感謝しているとお礼の言葉頂いた。

ページトップへ戻る